日焼けの夏

私の自宅は比較的、海沿いなので、海に遊びに行ったときは必ず日焼けをします。日焼け止めは考えてはおらず、思いっきり日に素肌をさらして焼いてしまいます。

一日中海にいて、帰った後はお風呂に入るのですが、そうなると皮がびりびりと取れて、しかも痛いのですが、これを毎年やっています。やはり肌を健康的に焼いてこそ、夏のだいご味だと思ので、これはやめられません。

ですが、お風呂に垢のように破れた皮が浮いているのは、あまりいい気持がしません。ほかの季節では、例えば日焼けサロンで皮膚を焼くなどはしませんし、肌の色はやはり肌色です。冬に日焼けしてる人はこちらではめったに見かけませんが、夏になると結構色を黒くしてる人ばかりです。

中には(特に女性)、日焼け止め対策をしている人もおられるでしょう。私個人的には夏は外に出て、できれば山や海で体を焼きたいので、頑張って日光に当たります。なんか色黒は健康的なイメージがあって、好ましいと思うからです。

おすすめなのはUVシールドです。

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

飲む日焼け止めUVシールドの効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です