快適な環境

トコジラミとは、哺乳類に寄生し、吸血性の害虫です。
刺された2日目以降に激しい痒みに襲われ、刺された後は数週間消えません。
戦後の大規模なトコジラミや他の害虫駆除により、被害は激減していましたが、近年旅行者によって国内に持ち込まれる他、物流に乗って入ってくるようになり、被害が増加しています。
生息場所は床や壁、柱などの隙間やベッドやその周囲など隙間を好みますが、温かい所も好むため、テレビや電気スタンドなどの下にも潜伏しています。
またダンボールなどに潜み、人間がそれらを移動させることで移動先で繁殖し、活動範囲を広げています。
対策と予防は、害虫駆除の専門業者に本格的な駆除を依頼するのが一番と言えます。
業者であれば一般では見つけられないトコジラミを発見し駆除、予防のアドバイスも受けられます。
通常でできる方法は、こまめな掃除が一番です。
布団や、マットレスなどは掃除機で吸引する事が最も安全で効果的な駆除と言えます。
トコジラミの他、ダニなどの害虫も駆除ができるというメリットもあります。
吸い取ったゴミはすぐにビニール袋に入れ、口を堅く結び、廃棄することが重要です。
高温スチームなどの高温の熱を当ててベッドの周囲やソファーの隙間などに噴射する事駆除する事ができます。
その後掃除機で吸い取るとさらに効果的といえます。
カーテンや衣類に潜んだものは、60度以上の熱湯で6分以上漬け置きすることで死滅させる事ができます。
またリサイクルショップで購入した衣料品などはこの方法で洗濯して、完全に乾燥させる事で予防できます。
トコジラミは梅雨の時期から9月がもっとも活発に活動します。
そこで大掃除をこの時期に行う事で、トコジラミの繁殖を防ぐことができ、さらに他の害虫予防、駆除も行えます。
寄せ付けない工夫とこまめな掃除は、トコジラミや他の害虫を予防し、清潔な環境を得られる事ができます。